表参道に住んで20年以上になるボン姉が表参道界隈をご紹介するブログです。 たまに地元ならではのレアな情報も!?

表参道地元話

表参道 イタリアン

イタリア人が通いつめるイタリアンレストラン

投稿日:

こんにちは。ボン姉です。

早速ですが、本日のボン君の想い出話は〜

「ボン君が我が家にやってくる!」

です。

 

写真は年末年始、ブリーダーさん宅でのボン君です。

向かって左がボン君、奥は女の子のブランちゃん。

 

こちらは2006年のお正月にブリーダーさんが新年のご挨拶で送ってくれた写真です。

向かって1番左がボン君です。

 

そして2006年1月、私の記憶では1月18日だったと思います。

ついにボン君が我が家にやってくる日がきました。

 

ボン君は神戸にいましたので飛行機で送ってもらうことに。

新幹線で迎えに行こうとも思ったのですが、これも経験と思いまして、飛行機を選択。

 

そして当日、ブリーダーさんから朝電話があって、空港に向かう車の中でボン君がバリケンの中でうんちをしちゃったのだか、吐いちゃったのだか、とにかくボン君が汚れてしまったそうで、空港のトイレで簡単に洗ってハンドドライヤーで乾かしたのですが〜とご連絡をいただきました。

要はボン君はあまり綺麗な状態ではないとのことでした。

ボン君の到着をただただ楽しみにしていた私にとってはそんな事はどうでもよく、「は〜い」と軽く返事をしたのをよく覚えています。

 

朝、家を出て羽田空港に向かい、早めに到着したので羽田空港でランチを食べ、そしてワンコが届く西貨物地区へ。

 

西貨物地区では私の様にワンコを迎えにくる人はもちろん、ワンコを送る人もやって来ます。

1日に思ったよりもたくさんのワンコが空輸されている事に驚いたのをよく覚えています。

 

とにかく西貨物地区ではかなり待たされた私…。

私以外の人は受付してから5〜10分くらいですんなりとワンコを引き取り去っていくのですが、私は1時間以上待たされたのです。

30分を過ぎてから少し不安になってきた私はスタッフの方に確認しますが、「もう少しお待ち下さい」の連発でして…

仕方なくソワソワしながら待ち続けました。

 

するとやっと私の名前が呼ばれました。

大きいのでここでは引き渡せないとのこと。

外に出て横の倉庫の出入り口からお渡ししますとのことでした。

 

で、そこに行ってみるとゴロゴロと大きな台車に積まれた大きなバリケンがやって来ました。

バリケンの中を覗くと、バリケンの1番奥にかたまった犬が見えました。

ボン君です。

 

受け取りのサインを済ませ、バリケンを受け取り、すぐにバリケンのドアを開くと…

奥に固まったボン君は動こうとしません。ひたすらかたまって、様子を伺っています。

怖かったんだなぁ…不安だったのだなぁ…と正直空輸を後悔したのを覚えています。

私はバリケンに頭を入れ、奥にいるボン君を名前を呼びながら引っ張り出しました。

 

私にされるがままにバリケンから引きずり出され、私に抱っこされたボン君。

ドックン、ドックン…と早くて大きな鼓動を感じました。

そして上目遣いで恐る恐る私の顔を覗きこみます。

私はとにかく「ボン君、いい子だね〜、よく来たね〜」と声をかけながら、撫で続けました。

すると、恐る恐る私の口元をクンクンと嗅ぎ、ペロリと舐めてくれました。

1ヶ月前にブリーダーさん宅で1度私と触れ合っているので、私の匂いを覚えていてくれたかなぁなんて思いながら、私も優しくボン君にチュウチュウしてあげました。

するとボン君は少しほっとした様で、次に一緒に来ていた母を見ました。

少し余裕がでてきた様です。

それと同時にボン君の心臓の鼓動も少し落ち着いてきました。

 

私と母は電車で迎えに来ていたので、まずモノレールに乗り都心部まで移動しました。

ボン君は生後2ヶ月でも中型犬くらいのサイズがありますので、大きなバリケンにボン君を入れて持つのは大変でした。

そのため、バリケンからだし、一応持ってきていたドッグバッグに入れて、移動することに。

ただドッグバッグはボン君には小さくて頭がでてしまいました。

怒られるかな〜と思いながら、頭がでた状態でモノレールに乗り込みます。

モノレール内ではたくさんの方々から可愛がって頂けたのでホッとしたのを覚えています。

 

そして都心部についてからはタクシーで帰宅。

お家に着くと、お兄ちゃん犬のイングリッシュセッターのハイジ君が大喜びで私と母をお出迎え〜

と、その瞬間、嗅いだことのない匂いに気付きます。

「ハイジ君、弟のボン君だよ〜」

とご対面させると〜

 

ボン君は尻尾をフリフリ嬉しそうにハイジ君の匂いを嗅ぎ、その後はハイジ君のストーカーとなっていました。

ハイジ君はというと〜

これがまた有難い事にすぐにボン君を受け入れてくれたのです。

ハイジ君は元々優しい性格の子だったので大丈夫だろうなぁという気はしていたんですけどね。

 

ブリーダーさんには朝早くご飯を軽く食べさせただけだから、帰宅して落ち着いたらすぐにご飯をあげてくださいと言われていたので、すぐにご飯の用意を始めた私。

実はボン君のブリーダーさんは医食同源の考えのもと、ドライフードは反対派で、生馬肉をメインに与えるスタンスでしたので、私も事前にブリーダーさんと同じ食事メニューを準備してあったのです。

 

初めての生馬肉メニューに手間取りながら作り終え、早速ボン君に与えるとすごい勢いで食べ始めたボン君。

 

そんなボン君を見て、ハイジもソワソワし始めたので、ハイジ君も少し早いですがお夕飯タイムとなりました。

ただボン君、耳が思ったよりも長くてご飯に入ってしまうことに気付きました。

しかもドライフードではなく生馬肉なのでベチャベチャとしているため、耳毛がベチャベチャに汚れちゃうのです〜。

 

急いでボン君の耳を持ってあげました。

 

耳を持たれても気にする事なく食べ続けるボン君。

細かい事を気にしないみたいでいいね〜と、自分と似た性格にニヤリとした私でした。

 

この日の夜、ソファで寛ぐ母の両脇で2匹が安心して寝ている姿を見て、私はとっても幸せな気持ちなり、そしてこれから始まるボン君とハイジ君との生活にワクワクしていました。

 

次回はボン君の本性編です!

 

 

 

ここからはいつものグルメブログを〜。

本日はイタリア人がリピートするイタリア料理のお店をご紹介させて頂きます。

なんとイタリア大使館御用達のお店ですよ〜

なお本日ご紹介するお店は表参道からは少し距離があります。

住所的には南青山一丁目でして、このブログでは南青山の住所は表参道のお店とご紹介させて頂いております。

ちなみに最寄りの駅は千代田線の乃木坂駅になります。

表参道からは青山墓地を通れば、徒歩15分で着いちゃいますよ。

 

 


スポンサーリンク

 

 

Ristorante da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)

本日は「Ristorante da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)」をご紹介させて頂きます。

「Ristorante da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)」はイタリア料理のお店です。

 

「Ristorante da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)」はイタリア料理の中でも、シチリア料理に特化したお店。

 

シチリア料理はイタリアはシチリア島のお料理の事です。

シチリア島は、北にイタリア本土、南にアフリカが位置します。
地中海各地の食文化をベースにしたシチリアの食文化は、アラブやアフリカの影響も強く受けているのだそう。

シチリア料理の代表的なメニューといえば、
「ライスコロッケ・アランチーニ」「カポナータ」「クスクス」といったあたりでしょうか。
スイーツでいったら、「カンノーロ」が有名です。

ちなみにシチリアといえば、あの映画「ゴッドファーザー」を思い出す人も少なくないと思います。
シチリアはマフィア発祥の地と言われているんですよ。
元々は自警団だったのが、時を経て犯罪組織へと変わりマフィアがうまれたんですって。

 

 

話がそれてしまいました…。

「Ristorante da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)」に話を戻しまして〜

 

 

「Ristorante da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)」はシチリア島出身のオーナーシェフが作る本場のシチリア料理を頂く事が出来ますよ。

 

 

「Ristorante da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)」のオーナーシェフは、ニーノ・レンティー二氏。

ニーノ・レンティー二氏はシチリア島トラパニ生まれで、幼い頃からお料理に興味を持ち、なんと14歳で地元のレストランで働き始めたのだそう。

郷土料理を会得し、お菓子やパン、ジェラートなどの専門店を渡り歩き、イタリア国内やヨーロッパ各地の有名ホテルでさらに料理の腕を磨きました。

そしてイタリアンフェアへの招聘をきっかけに来日し、シチリア料理が日本ではまだまだ知られていない事を知ります。

それをきっかけに、日本でシチリア料理を広めるべく尽力します。

ニーノ氏の腕前は銀座のレストランで評判となり、また数々のレストランのプロデュースでも成功を収め、ついにはシチリア料理の「大使」として認められるまでになりました。

そして2006年4月、今までの経験の集大成ともいえるレストランとして、本日ご紹介する「Ristorante da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)」をオープンさせました。

 

 

ニーナ氏のお料理は肩肘張った気取ったお料理ではありません。

そう聞くと、ちょっと家庭料理的な素朴なお味かと思われるかもしれません。

が、違うんです。

ニーナ氏のお料理はとっても洗練されたお味なんです。

ニーナ氏は自身の目で吟味した最高の食材を使っています。
また美味しいお料理を作るためには、下準備からしっかりとして、一切妥協をしないのだとか。

ニーナ氏の真面目な性格がお料理にもしっかりと反映されているのです。

 

 

頑張りすぎてないカジュアルな見た目のお料理、でも食べるとビックリ!とっても洗練された繊細なお味の「Ristorante da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)」

実は日本に住むイタリア人が足繁く通うお店なんです。

イタリア大使館も御用達のレストラン、あの元サッカー日本代表監督ザッケローニ氏も愛したレストランとしても有名な「Ristorante da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)」

本場の味を知るイタリア人が通うということは、「Ristorante da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)」のお料理が本場のお味だという証拠ですよ〜。

 

 

スポンサーリンク

 

 

では、そんな「Ristorante da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)」のお料理をご紹介させて頂きます。

 

メニュー

「Ristorante da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)」では、コース料理とアラカルトがあります。

基本的に昼も夜もコース料理がお得でオススメですよ。

平日ランチコース

パンテッレリーア 2,800円
シェフのお任せ本日の前菜、本日のパスタ、自家製パン

トレッチャ 2,800円
水牛のモッツァレラチーズ・フルーツトマトのサラダ、本日のパスタ、自家製パン

トラーパニ 3,500円
シェフのお任せ本日の前菜、本日のパスタ、デザート、自家製パン

エリチェ 5,700円
シェフのお任せ本日の前菜、本日のパスタ、お魚料理 又は お肉料理、デザート、自家製パン

週末ランチコース

トラーパニ 3,500円
シェフのお任せ本日の前菜、本日のパスタ、デザート、自家製パン、カフェ 又は 紅茶

エリチェ 5,700円
シェフのお任せ本日の前菜、本日のパスタ、お魚料理 又は お肉料理、デザート、自家製パン、カフェ 又は 紅茶

ディナーコース

8,000円〜25,000円

ディナーコースの詳細は下記のディナーメニューページをご覧下さい。

ディナーメニュー

アラカルトメニュー

アラカルトメニューの詳細は下記のアラカルトメニューページをご覧下さい。

アラカルトメニュー

 

 

コース料理にでてくる中で、特に私のオススメのメニューをご紹介させて頂きます。

シチリア産鮪のカラスミのパスタ

「Ristorante da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)」といったら、シチリア産鮪のカラスミ!

カラスミ好きな方はもちろん、そうでない方にも是非一度は食べてみて頂きたい一品です。

カラスミのパスタって、お店によってはオリーブオイルが多すぎてベタベタし過ぎたり、逆に少な過ぎてパサパサしてしまったりして、ちょうどいい滑らかなカラスミパスタになかなか出会えないのですが、ここのカラスミパスタはオイルの塩梅が絶妙で、とっても美味しいんですよ。

確かデヴィ夫人もテレビで絶賛したパスタとして有名だった気が。

ウニ、あさり、カラスミのパスタ

ちなみにカラスミパスタは、あさりやウニを加えたり、ピスタチオを加えたりと、様々なバリエーションがあります。

ピスタチオのリゾット

この写真はピスタチオと空豆、車海老のリゾット。

濃厚なんですが、不思議としつこくないのです。

他では食べた事がなく、とにかくとっても美味しいのです。

私のお気に入りです。

三つ編状に編んだ水牛のモッツァレラチーズ、フルーツトマトのサラダ

このモッツァレラチーズがモッチモチでミルキーで、とにかく美味しいのです。

1,000円プラスすると生ハムをつけてくれます。

私は生ハム付きがお気に入りです。

生ハムの塩気とモッツァレラチーズ、トマトの酸味で、止まらなくなっちゃいますよ。

お酒との相性も抜群です。

カンノーロ

「Ristorante da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)」でデザートと言ったらコレ。

サクサクの生地の中はリコッタチーズのクリームが入っています。

リコッタチーズのクリームはクセがないので、チーズが苦手な人でも大丈夫ですよ。

甘さはしっかりめなので、日本人なら1個で十分に満足できると思いますよ。

ちなみにイタリア人はこれを何本も食べるそうですよ。

イタリア人の甘いもの好きはレベルが違いますね〜。

まとめ

「Ristorante da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)」は、店内の雰囲気がとっても可愛いんです。

 

色鮮やかで美しいシチリアの調度品に囲まれ、女性好みのお店ですよ。

 

テーブルウェアもとっても可愛いんです。

 

また300種類以上のシチリアワインが常備され、中には日本では希少なものもあるのだとか。

 

 

「Ristorante da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)」は、お料理レベルから言ったらいわゆる高級イタリアンです。

高級フレンチレストランの様な肩肘張ってしまう様な高級イタリアンレベルのお料理なのですが、お店の雰囲気や接客がアットホームなので、緊張をしないで食べられるのが魅力です。

そのため、着飾って、かしこまってお料理を頂くのがお好みの方にはオススメ出来ません。

着飾って、かしこまってお料理を頂くのに緊張してしまう方には、「Ristorante da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)」はオススメのお店ですよ。

緊張してしまうと、お料理を味わう事が出来ませんからね。

そんなのはもったいないですからね。

 

 

緊張しないで、本格的な美味しいお料理を頂ける貴重なお店「Ristorante da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)」

ランチなら普段使いに、ディナーならたまの贅沢なひと時や友人との会食におすすめですよ。

 

 

そうそう「Ristorante da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)」の近くには系列店のカフェがあるのです。

そちらでは軽食とたくさんのデザートを頂く事が出来ますよ。

そちらもオススメなので、カフェの方がまた後日にご紹介させて頂きますね。

 

 

イタリア人が通いつめるシチリア料理のお店「Ristorante da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)」

お近くにお越しの際は是非行ってみて下さいね。

 

お店情報

Ristorante da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)
東京都港区南青山1-15-19
グランドメゾン乃木坂1F
Tel/Fax 03-3401-9466
ランチ  11:30~14:00
ディナー 17:30~21:30 L.O. (23:00 Closed)
定休日 : 日曜日
子供 : 7歳以上
服装 : 半ズボン、サンダル履きのご入店はご遠慮願います。

 

 

海外旅行気分⁈お洒落なお店で絶品生パスタ

こんにちは。ボン姉です。 一昨日から涼しくなった東京。 涼しくなって、ボン君はお散歩がラクそうです。 笑顔で楽しそうだね ...

続きを見る

コスパも味も最高!内緒にしておきたい名店

こんにちは。ボン姉です。 最近のボン君のお座りです・・・ なぜだか後ろ足がビヨ~ンと伸びてしまうのです。 よって、ボン君 ...

続きを見る

食通が通うイタリアン

こんにちは。ボン姉です。 今週はバタバタとして1週間ぶりのブログとなってしまいました・・・。 さて12月半ばだというのに ...

続きを見る

イタリアンブームを牽引した有名イタリアン

こんにちは。ボン姉です。 クリスマスですね~。 今年は新型コロナウィルスにより、街中は控えめなクリスマスのイメージがあり ...

続きを見る

ミシュラン2つ星!日本で最高峰のイタリアン

こんにちは。ボン姉です。 台風10号が心配ですね・・・ 沖縄・九州地方の皆さま、お気をつけ下さい。   東京は ...

続きを見る

 


 

ボン君のチャンネルBonn Channelのチャンネル登録も宜しくお願い致します。

 

良かったら、ボン君のインスタグラムも見てあげて下さい。

ボン君のインスタグラムbonn channel

ブログには載せていないボン君の写真もありますよ。

 

 

以上です。

 

こちらもよろしくお願いします!

モテるには?本当の恋愛メソッド

NY&東京でメイクアップアーティストをしている私の友人が
世界のメイクアップネタや美容ネタ、また今後は恋愛事情、ナイトライフ事情をぶっちゃけてくれるブログです。
メイクアップで異性はもちろん、人間的にもモテる人になれる方法を教えてくれますよ。
モテる人になって、恋愛はもちろん、お仕事・人間関係を充実させませんか?

モテるには?本当の恋愛メソッド

綺麗に脱毛 ~失敗しない脱毛 綺麗な脱毛への近道を教えます!~

私が学生時代にアルバイトをしていた美容皮膚科で知り合った友人が、脱毛でお悩みの皆さんのために失敗しない脱毛をして頂きたいという思いで「エステ脱毛・サロン脱毛」と「医療脱毛」の違いに関するサイトを始めました。
今後も働いていたからこそ分かる脱毛の裏話をご紹介するそうです。
脱毛で悩んでいる方の助けになるサイトですよ!

綺麗に脱毛 ~失敗しない脱毛 綺麗な脱毛への近道を教えます!~

最後までお読み頂き、有難うございました。

ボン姉でした。

 

 

-表参道 イタリアン
-

Copyright© 表参道地元話 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.