表参道に住んで20年以上になるボン姉が表参道界隈をご紹介するブログです。 たまに地元ならではのレアな情報も!?

表参道地元話

ランチ 表参道 フレンチ ワンコOK

ワインと相性抜群!お惣菜タルトはいかがですか?

投稿日:

こんにちは。ボン姉です。

最近、何気に私がハマっているものがあります。
それはタルト!
ワインに合うタルト!

本日はワインに合うタルトのお店をご紹介させて頂きます。


スポンサーリンク

What a Tart! (ワタァタルト)

本日はWhat a Tart! (ワタァタルト)」をご紹介させて頂きます。

「What a Tart! (ワタァタルト)」はお惣菜系タルトの専門店です。

タルトと聞くと、普通は甘いタルトをイメージしちゃいますよね?

でも本日ご紹介する「What a Tart! (ワタァタルト)」のお惣菜系タルトはセイボリータルトと言い、
お野菜、お肉、お豆腐、お豆、シーフードなど様々な具材が使われたお食事としていただくタルトなのです。

ゆっくりとワインを飲みながら、ゆっくりと味わって頂きたいタルト。

それがここ「What a Tart! (ワタァタルト)」のタルトです。

 

このセイボリータルトは欧米では家庭料理として親しまれています。

 

タルトの顔ともいえるタルト生地は、毎日手間暇をしっかりかけて手作りしているとのこと。

なんと「What a Tart! (ワタァタルト)」のタルト生地には一切バターを使用していません!
また、太白胡麻油、グレープシードオイル、エキストラバージンオリーブオイルなどの良質な油だけを使用。
そのためカロリーが最低限に抑えられているのです。

コレは女性にはとっても嬉しいですよね。

デザート系のタルトに比べ、タルト生地の口当たりは軽く、あっさりしています。

 

またテイクアウトをして、家で食べてもサクッとした食感が楽しめるのも、ここ「What a Tart! (ワタァタルト)」のタルト生地の特徴のひとつです。

タルトにはまず、それぞれの具材に合ったフィリング(お豆腐・ポテト・キヌアなど)がぎっしりと詰まっています。
そしてそのフィリングの上に具材がのっている形になります。

そうそう、「What a Tart! (ワタァタルト)」のタルトには保存料、添加物を一切使用していないとのこと!
体にとっても優しい、ヘルシーなタルトなんですよ。

メニュー

ショーケースには、常時12種類のタルトが並んでいます。
そのうち9種類が定番タルト、3種類は季節限定タルトになります。

ちなみに今月9月10日よりタルトメニューがリニューアルされた様なのです。
私はリニューアルされてからまだ行ってないので新しいメニューが分からないので、とりあえず今までのメニューを載せておきますね。

今度行った時に、新しいタルトメニューをチェックしてきます!

定番タルト

カテゴリA 450/1

  • シシリアンカポナータ
  • 炒めたまねぎ
  • ポルチーニ&彩りきのこ

  • スパイシーボロネーゼ
    フィリングはマッシュポテト。その上にピリ辛のボロネーゼ、表面にパルミジャーノレッジャーノチーズ。
    温めるとチーズがとろ~りと、とろけます。
    ボロネーゼは甘いボロネーゼではなく、ピリリとした辛味があり、大人向けのコクのあるボロネーゼです。
    なめらかなマッシュポテトと、濃厚なボロネーゼ、とっても美味しいですよ!
    私のお気に入りです。

 

カテゴリB 550/1

  • ローステッドトマト
  • ローステッドアップル&ブルーチーズ

  • 豚バラコンフィ&ローズマリーポテト
    フィリングはレンズ豆。上にはオリーブオイルとハーブでコンフィされた大きな豚バラとホクホクのポテトがゴロンとのっています。
    豚バラが香ばしくとっても美味しいのです。これだけで立派なお料理になっています。
    フィリングのレンズ豆に豚肉の旨味や脂がジワ~っと染み込んでいて、とっても美味しいですよ!
    私のお気に入りです。

  • クラブケーキ
    ずわい蟹、セロリ、パプリカ、玉葱、万能ねぎ、パクチーに木綿豆腐を合わせたフィリングに、表面にはパセリ&パン粉がかかった一品。
    蟹の風味は強すぎず、野菜やスパイスなどとのバランスが絶妙です。
    北米の魚介料理には欠かせないと言われるスパイス「OLD BAY SEASONING 」が使われているせいか、外国っぽいお味です。
    私はスパイス系は何でもイケるタイプなので、このお味は大好きです!
    友人は苦手と言ってましたので、好みがわかれる様です。

  • パエリャ
    フィリングはキヌア。パエリアのお米の代わりにスーパーフードである「キヌア」が使われています。
    上には海老やムール貝に、あさり、ブラックオリーブ、レモンがのり、見た目も正しく”パエリア”。
    キヌアは、あさりの茹で汁や玉葱、パプリカ、トマト&サフランベースと共に炊き、かなり本格的な味わい。
    これは万人受けするお味だと思います。とっても美味しいですよ!
    私のお気に入りです。

スポンサーリンク

セットメニュー

セットメニュー(通常サイズ)
タルトA+ドリンク700
タルトB+ドリンク800
タルトAB+サラダ+ドリンク1,450
タルトA3個+タルトB3個セット2,700
・・・など

タルトには通常サイズの他にミニサイズ400円)があります。

セットメニュー(ミニサイズ)
ミニタルト+ドリンク650
ミニタルト3個セット1,050
ミニタルト+サラダ+ドリンク950
ミニタルト2個+ドリンク950

まとめ

「What a Tart! (ワタァタルト)」のタルトはワインなどのお酒に合うタルトです。

タルト生地にのったフィリングや具材の味付けは、かなり本格的なフランス料理のお味がします。

具材によっては複雑なお味のものもありますので、正直好みが分かれるとは思います。
ハッキリ言って、お子様口の方にはオススメ出来ません。

 

一方でフランス料理好きな方、ワインが好きな方には、かなりオススメのお店です。

フランス人の友人に手土産で持って行ったら、とっても喜んで頂けて、ワインセラーからとっておきのワインをだしてきてくれた覚えがあります。

 

「What a Tart! (ワタァタルト)」がある場所は表参道のメインストリートから少し離れた場所にあります。
お店の前の通りは広いのですが、車の通りが少なく、人通りも少ない静かな道になりますので、落ち着いた雰囲気の場所になります。

そのため、ゆっくりと過ごす事が出来ますよ。

 

そもそもこの「What a Tart! (ワタァタルト)」がある建物は結婚式場なのです。
【クラシカ表参道】という結婚式場でして、清潔感のある重厚な建物で、とっても素敵な雰囲気。

そんな建物の1階に「What a Tart! (ワタァタルト)」はあります。

テラス席もありまして、犬OKです!
ボン君の様な大型犬でも大丈夫ですよ!

 

ちなみに結婚式場のため、「What a Tart! (ワタァタルト)」は土日祝日はお休みになります。
平日のみのオープンになりますので、ご注意下さいね。

お店情報

What a Tart! (ワタァタルト)
渋谷区神宮前5丁目51-1クラシカ表参道 1F
03-6427-7031
11:00am-10:00pm
土日祝日休み

※18時30分よりバー営業となりますが、そちらでもタルトをご購入、ご飲食頂けます。
※グラスワインを除く全ての商品は、終日お持ち帰り可能です。

 

 

以上です。

こちらもよろしくお願いします!

モテるには?本当の恋愛メソッド

NY&東京でメイクアップアーティストをしている私の友人が
世界のメイクアップネタや美容ネタ、また今後は恋愛事情、ナイトライフ事情をぶっちゃけてくれるブログです。
メイクアップで異性はもちろん、人間的にもモテる人になれる方法を教えてくれますよ。
モテる人になって、恋愛はもちろん、お仕事・人間関係を充実させませんか?

モテるには?本当の恋愛メソッド

綺麗に脱毛 ~失敗しない脱毛 綺麗な脱毛への近道を教えます!~

私が学生時代にアルバイトをしていた美容皮膚科で知り合った友人が、脱毛でお悩みの皆さんのために失敗しない脱毛をして頂きたいという思いで「エステ脱毛・サロン脱毛」と「医療脱毛」の違いに関するサイトを始めました。
今後も働いていたからこそ分かる脱毛の裏話をご紹介するそうです。
脱毛で悩んでいる方の助けになるサイトですよ!

綺麗に脱毛 ~失敗しない脱毛 綺麗な脱毛への近道を教えます!~

最後までお読み頂き、有難うございました。

ボン姉でした。







-ランチ, 表参道 フレンチ, ワンコOK
-,

Copyright© 表参道地元話 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.